朝、目が覚めて、こう思うことはありませんか?

「今日は、会社に行きたくない. . . 」

誰もが少なからず経験することですよね。

仕事でミスをした。顧客からさんざん叱られた。
そんな日の翌朝は、普通、誰でもそう思います。
でも、ほとぼりが冷めれば、じきに目覚めも良くなります。
一時的なもので、心配はいりません。

ところが、職場の人間関係が悪いと、そうはいきません。
毎朝、いつもより早く目が覚めてしまい、そしてこう思うのです。
「今日も、会社に行きたくない. . . いや、もう行けないかもしれない. . . 」

このような状態が続けば、事態は深刻です。
精神的に追い込まれて、休職や退職を余儀なくされることにもなります。
人間関係が悪い職場は、放っておくと、企業にとっても社員にとっても一大事なのです。
「ストレスチェック」制度が、2015年12月にスタートしました。
でも、「ストレスチェック」をただ実施すればいい、ということではありません。
「ストレスチェック」の結果が問題なのです。
職場の人間関係は、「ストレスチェック」の結果を大きく左右します。

法人のお客様には、職場の人間関係を改善するお手伝いを、
個人のお客様には、職場の人間関係のお悩み解消のお手伝いを、
オリーブプロジェクトJAPANは、全力で取り組ませていただきます。